FC2ブログ

「羽黒山」3

五重塔から先、かなり長い石段を延々と登り続けます。

それでも意外と楽に足が進みます。場のエネルギーが高いからでしょうね。

P9190475.jpg


山頂の本殿には、実はこの長い石段を登らなくても、自家用車やバスでたどり着けます。


本殿の境内の近くに広い駐車場が完備されています。


でも、せっかくお参りするのなら石段を登るのをお勧めしますよ。



羽黒山のご神体は、本殿の中にいらっしゃるのではなく

この羽黒山の木立の中にいらっしゃいます。


この長い参道を登ることによって神様と交流することができるのです。



せっかくここまで来たなら、もったいないですよね。



石段の途中途中に様々な神様の社が祀られています。

P9190481.jpg


ここ羽黒山は、現世利益を叶えてくださる場所です。

この世の様々な願いを聞いてくださいます。


ご相談に来られる方々の力になっていただけるように

一社一社、手を合わせてお参りしてきましたよ。


こうして神様のパワーをいただくのが私の修行なのですが、体力勝負です。

神様のサポートなしでは続けられません。


こうして参拝出来ただけでも感謝です。

P9190482.jpg


せめて道に溢れる神様の「氣」がみなさんに伝わるように

参道の途中の写真をいくつか載せますね。


P9190487.jpg


さすがに途中休憩を入れながら登りましたが、本当に気持ちの良い参道でしたよ。



P9190514.jpg





P9190485.jpg






それでも登り終えた時は、よくぞ登れたって感じでした。



P9190520.jpg



神様に背中を押してもらいながら登ったていう感じです。

普段は駅の階段ですら息切れするくらいですもの(笑)





こちらが羽黒山の山頂に立つ本殿です。

P9190556.jpg

本殿の紹介が最後になりましたが、重厚な茅葺きの屋根は見事です。


しかしエネルギーを比べれば、やはり参道に溢れる「氣」には敵いません。




参道のちょうど中間地点にあるお茶屋さんの力餅もパワーをいただけますよ。

目の前に広がる景色を眺めながら、お餅とお抹茶をいただきました。

P9190490.jpg


羽黒山のエネルギーが皆さんに伝わりますように。



みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)
スポンサーサイト

「羽黒山」2

P9190344.jpg

「出羽三山神社」の鳥居です。


「出羽三山神社」は「羽黒山」「月山」「湯殿山」の三山をご神体として祀る神社です。



「羽黒山」では現世利益を、「月山」で死後の体験をして、「湯殿山」で新しい生命をいただいて生まれ変わる

「三関三度(さんかんさんど)の霊山」と云われています。



羽黒山の山頂にその三つのお山を合祀して「出羽三山神社」が祀られています。




時折法螺貝の音も聞こえます。



神聖な修験道のエネルギーが今でも色濃く残る場所です。





そんな神社のパワーをできるだけ皆さんにお伝えできればと思い記事にしました。




写真が多いので何回かに分けてアップしますね。





鳥居をくぐるとその先に赤い「随神門」が現れます。


P9190350.jpg



「随神門」の先から一気に空気が変わります。



P9190364.jpg





両側に立ち並ぶ杉の木立ちから放たれる、ひんやりとした「霊気」が全身を取り囲むのを感じます。



P9190368-2.jpg






石段を降りていくと神社の末社が見えてきます。



p9190369-3.jpg


p9190370-2.jpg


末社一つ一つに手をあわせて進むと、

境内を流れる「祓い川」に掛かる赤い「神橋」が見えてきます。




P9190383.jpg





「神橋」の下を流れる「祓い川」の水はそれはそれは美しい流れでしたよ。



P9190384.jpg



P9190391.jpg




対岸の滝には「瀬織津姫」を祀る「祓川神社」が


ここもかなり強いパワーを感じます。

P9190387.jpg





「神橋」を渡ってしばらく進むと、国宝にも指定されている「羽黒山五重塔」が現れます。




P9190469.jpg



古い歴史を感じる、とても存在感のある建物です。



今年は「天皇陛下御在位30年・三神合祭殿再建200年」ということで

「秘中の秘」とされた五重塔の内部が特別公開されています。


内部の撮影は禁止ですので写真はありませんが、拝観させていただきました。



五重塔から先、長い石段をのぼって羽黒山の山頂にある本殿へ向かいます。



次回、本殿までの道のりをアップしますね(^-^)




みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)

山梨県の「身曾岐(みそぎ)神社」に参拝してきました。(^-^)

P9130282.jpg



山梨県の八ヶ岳の森にある「身曾岐(みそぎ)神社」です。



八ヶ岳から流れ込む場のエネルギーがとても高く


かなりパワーを感じる神社でした。







なんと、境内の右手の池の上には能舞台が。


P9130290.jpg

「能」以外にも雅楽や舞など・・・・様々なイベントがあるみたいですね。





みそぎ神社と言うだけあって、参道を歩くだけで心も身体も浄化されます。

P9130276.jpg

そんな気持ちの良い神社でしたよ。




今年の夏は物凄い猛暑で、さすがにしばらくは外に出れず、神社巡りもできませんでした。


やっと暑さも和らぎ出しましたよね。


で、早速車を走らせて山梨へ。


久しぶりに気持ちの良い神社に参拝させていただきました。



皆さんにも神社のエネルギーが届きますように。





みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)

瀬織津姫神社

P9145128.jpg

金沢にある「瀬織津姫神社」です。


「瀬織津姫」って大和朝廷によって封印された神様って云われています。


そんな瀬織津姫の名前を表に出しているのは日本で唯一ここだけです。



金沢市の山奥にひっそりと建っています。




勾配のきつい石段をしばらく登った先に社が見えてきます。

P9145131.jpg


小さな小さなお社ですが、とってもパワーの強い神社です。

溢れているのは強烈な浄化のパワーです。



P9145135.jpg


神社の拝殿で、心を鎮めてお参りすると、

前方から清らかな川の流れのようなエネルギーが勢いよく流れこんできます。


ちょっと勢いに負けそうになりました。




すると・・・

「流れに身を任せなさい」

そんなメッセージが伝わってきました。



流されてもいいやって感じで力を抜いていきました。




すると、自分自身の意識が次第に流れに溶け込み


何とも言えない気持ち良い時が流れだしました。



どれくらいの時間が経ったのかわからないくらいです。



おかげで

身体もこころもめちゃくちゃ軽ーーーくなりましたよ(^-^)





皆さんにもこの瀬織津姫のパワーが伝わりますように。

そう願ってブログにアップしました。




ちなみに、去年ヒットした映画「君の名は」は瀬織津姫がモチーフらしいです。


封印されていた瀬織津姫のパワーが表に出て始めてるのかもしれませんね。



いいことだ。




みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)

恐山に参拝してきました。

P9054436.jpg

ここは青森県の恐山です。

9月4日から2泊3日で行ってまいりました。



いつも突然、神様から「あそこに行きなさい」「ここに行きなさい」とメッセージを受けます。

私の場合、神社仏閣パワースポット巡りはほとんど修行です(笑)



「恐山」と聞くと、何やらおどろおどろしいイメージがあると思いますが・・・・

そうでもないんですよ。



恐山は亡くなった人とつながる場所です。


ここを訪れる人は皆、亡くなった大切な人や最愛の人に再び出会いたくて訪れています。

だからここに集まる霊は愛されている人々ばかりです。


なんか勝手に作られたイメージが先行しちゃってますよね。

今回のようにカラット晴れた青空の下では、とってもすっきりとした気が流れていましたよ。


P9054513.jpg


確かに、火山地帯だから周りはごつごつした岩ばかり。

お天気次第ではちょっと・・・・かもしれませんけどね。


でもこの景色は、箱根の大涌谷や阿蘇の火口、長崎の雲仙などの地獄めぐりと一緒だと思いませんか。


で・・・

意外とみんな知らないと思うけど、境内には無料で入れる温泉施設もあるんですよ。

めちゃめちゃ秘湯感だだよう温泉です。

P9054531.jpg

源泉かけ流しの硫黄泉。気持ちよかったですよーーー(^-^)

温泉があることを知らないで参拝する人が多いから、入りる人も少なくてほとんどガラガラ。

貸し切り状態でしたよ。


恐山へ参拝するときはタオル持参は必須です。


以前は混浴だったけど、ちゃんと男湯と女湯が別々になってましたよ。





恐山は火山の噴火で出来た巨大なカルデラです。

奥には「宇曽利湖(うそりこ)」というカルデラ湖が広がっています。


温泉で癒された後は、この美しい湖で癒されてください。

P9054509.jpg


それはそれは、透き通る透明度のたかい美しい湖です。

真っ白な砂浜に、グリーンやブルーの水面。場所や光で色が変わる、何とも幻想的な風景。

別名「極楽浜」って言われてるのもうなづけます。



癒し効果ばっちりの「恐山」ですが、

基本はやっぱり修行の場所ですね。そのために訪れたんですものね。


本堂や奥の院など一か所一か所巡り、お祈りをしてまいりました。


最後に、境内の一角にある「地蔵尊」の前でお祈りをした時に

突然強い風が舞いだして


気が付くと、青空の中に雲が湧き、渦を巻きだしました。



P9054490.jpg


雲の渦は地蔵尊の上空でしばらくの間、まるで龍神が渦を巻くようなエネルギーを発していました。


P9054492.jpg


その後、また元の青空に溶け込むように消えてゆきました。

不思議な現象を見せていただきました。


祈りを聞いていただけたのだなぁって。

そう思うとここまでやってきた甲斐があります。

感謝です。





今日も読んでいただいて、ありがとうございます。






もしお手間でなければ、下のリンゴのバナーのクリックをお願いいたします
ランキングが上がれば沢山の人々に読んでいただけるそうです
応援よろしくお願いいたします




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)
プロフィール

YUMI

Author:YUMI
熊本を拠点に活動している
スピリチュアルカウンセラー

logo.gif
スピリチュアルカウンセラーYUMIオフィシャルHPは
こちらから


img094.gif 詳しい自己紹介はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者数