FC2ブログ

車山神社へ参拝

IMG_0035.jpg



長野県にある霧ヶ峰の最高峰「車山」


その車山の山頂にある「車山神社」です。



とってもエネルギーの高い場所




このエネルギーが皆さんにも届きますように!!





神社やお寺を巡るのは体力も必要です。


パワーのある神様って山の上や険しい崖の上に祀られてることが多いですものね。


年々参拝出来ないなーって躊躇する神社が増えだしています。(:-:)




今回参拝した「車山神社」も、標高1925mの車山の山頂に祀られています。

ただしこちらは、リフトを二回乗り継げば山頂まで行けるので楽勝!



ということで麓で山頂までの往復のリフト券を購入していざ出発。


IMG_0018.jpg



リフトってほとんど利用したことなかったんで、ちょっぴりおっかなびっくりって感じでしたが、あっという間に山頂に到着。




山の神様は山頂にいらっしゃるのではなく、その山全体にいらっしゃいます。


本当は険しい山を登ることで神様と会話もできて触れ合うことができます。



でも今回は訪れた時間が午後の3時ということもあって、さすがにリフトを利用することにしました。





山頂は360度のパノラマ。


お天気も最高で、八ヶ岳の連なる山々もくっきり

IMG_0046.jpg





リフトの最終時間は4時30分。


それまで心を空っぽにして、この場所のエネルギーをおもいっきり受け取りました。






エネルギーの高い場所ではよくあるのですが、トンボや蝶が身体にとまりだします。


蝉がとまることもあります(笑)



ここでも気がつくと、首もとや背中、肩に蝶が。



てのひらに「撮って」とばかりにじっととまってこちらを見てるので

それではと写真をカシャ!・・・・・・・・


thumbnail_IMG_4622-7.jpg


しかし、右手にとまってるのでかなり四苦八苦しました(笑)


それでもちゃんと撮れるまで蝶はじっととまってくれてます。






やっと撮れたと思ったら、ナント!!リフトの最終時間になっていました


急いでリフト乗り場に向かいましたが、すでにシャッターが下りて・・・・・・




けっきょく下りは歩いて行くことになりました。




IMG_0058-2.jpg



リフトではあっという間でしたが、帰りは1時間半。



それでも、気持ちを切り替えて

「見渡す限り誰もいない、この美しい景色を独り占めしてるー」って勝手に浸りながら歩き続けました(笑)



おかげで次の日、筋肉痛で足はパンパンでしたけどね(笑)


でもちゃんと修行の一環にはなりました。

神様とのご縁も結べましたよ。





みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)
スポンサーサイト



「秋葉山本宮秋葉神社」に参拝

P3182920.jpg

静岡県にある「秋葉山本宮秋葉神社」に参拝しました。

火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を祭る秋葉神社の総本山です。



「火之迦具土神」は神産み神話において、イザナギとイザナミとの間に生まれた神様です。

火の神様だったので、出産時にイザナミは大やけどを負ってしまい、それが原因で死んでしまいます。




その後、怒ったイザナギは「火之迦具土神」を十拳剣で殺してしまいます。



しかし、殺された「火之迦具土神」の血から、身体からは


イワサク神・ネサク神・イワツツノヲ神・甕速日神・樋速日神・樋速日神・・・・・・・などなど


たくさんの神様が生まれ出てきたとされています。






そんな強い火の神様である「火之迦具土神」を祭る秋葉神社は

火災の難から人々を護るというご利益の他に

多くの「難」を焼き尽くすというご利益も与えてくださいます。






今世界中でコロナウィルスが猛威をふるっていますよね。



秋葉神社の「火之迦具土大神」に、コロナウィルスという「難」を焼き尽くし、この災難が早く通りすぎますように

そして、通りすぎた後にはたくさんの良き神様が生まれ出ますように。



そうお祈りしてまいりました。





一緒に「厄払い」のエネルギーが高い、境内の写真もアップしますね。

P3182927.jpg


このエネルギーが皆さんに届きますように。





みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)

山形県の山寺 

yamadera5.png

山形県の山寺(宝珠山 立石寺)に参拝しました。

860年に清和天皇の勅願によって慈覚大師が開いた天台宗のお寺です。



松尾芭蕉が

「閑さや 巌にしみ入る 蝉の声」 という句を詠んだ場所として有名なお寺です。





長い石段を登った先に見える絶景は素晴らしいと聞いてはいましたが

なかなか行けなかった場所です。


さすがに体力に不安が・・・・



神様や仏様に会うには体力が必要なんです(笑)



年々、体力は低下。

やばい!!

と、思っていたタイミングに気軽にフィットネスが出来るというゲームが発売。



任天堂の「リングフィットアドベンチャー」というフィットネスゲームです。






10月18日に自宅に届き、それから空き時間をみつけてはフィットネスやってました。


これが効果がすごいんです。



2ヶ月で4キロ体重は落ち、筋力も付いてきたみたいです、身体もすっごく軽くなっちゃいました。



痩せて身体が軽くなり、体力もつけば、また気軽に神様に会いに出掛けられます。





で、結果が出て、今回山寺に挑戦って運びになりました。(笑)




ここ2ヶ月くらいブログのアップ無かったのは、実は時間が空けばフィットネスやってました(笑)



yamadera6.jpg


おかげで、心配していた長い石段も、頂上の奥の院まで登ることが出来ましたよ。


長井石段は、一段上るごとに邪気と悪縁が払われて清められていくそんなエネルギーに満ちています。



12月だったので、真っ白な雪に覆われた山寺を想像してましたが

暖冬の影響か雪の山寺を見れなかったのはちょっと残念でした。


「またもう一度おいで」ということかもですね。







yamadera7.jpg

岩山の絶壁に建つ小さなお堂は、写経を納める納経堂です。

納経堂の近くの五大堂から望む景色は、それはそれは絶景でした。


霞みがかって幻想的な風景でしたが、写真では上手く撮れませんでした。


難しいですね。


ご縁があったら皆さんも一度参拝されてくださいね。




今年最後のブログとなりますが

どうぞ良い新年をお迎えくださいね。






みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)

「川勾神社」に参拝してきました

P9122252.jpg

神奈川県の二宮町にある「川勾神社」に参拝してきました。


さほど大きくはない神社ですが、相模国の二の宮で、創建は2000前と伝えられている古社です。







茅葺き屋根の神門もとても趣きがあります。

昔からずっと今まで、地元の方々が大切に守ってこられたのが伝わってきます。

P9122255.jpg




今日は朝から無性にこちらの神社に行きたくなり、車を走らせました。


お天気はあまりよくなかったのですが、逆に風が涼しく過ごしやすかったですよ。





境内もスッキリとした気が流れています。


境内の向かって左手の方からは、お天気の時には富士山も望めます。


P9122258.jpg


拝殿の前で手を合わせて

「これからもどうぞよろしくお願いいたします。みんなが幸せになりますようにお力をお貸しください。」

と、いつものようにお願いいたしました。



すると突然

能舞台で使われる「翁の面」が奥に浮かび上がり

拝殿の奥からすーと目の前に近づいてきました。





光に包まれたり、人の形で姿をみせていただいたりはありますが


神社で「翁の面」が浮かび上がってきたのは初めてです。




目で見えてるはずはないのですが、かなり強く、今でもリアルに映像が残っています。







恥ずかしながら、「能」自体良く知らないし、なぜ翁の面が・・・?

と、不思議でたまらなかったので、家に帰りついてから調べてみました。




すると

能の中で「翁」という演目は神事なのだそうです。


現代でも上演に関しては厳重な決まりごとがあり、演ずるシテは翁興行前の一定期間(1-3週間)は、獣肉を絶つ、女人を遠ざける、冷水を浴びるなどの精進潔斎をしなければならないそうです。



民族学者の折口信夫の説では

奥深い山に住む神様が里の神社に降りてきたのが「翁」だと書かれていました。


そうなんですね(‘-‘)




今回神様にはホントに申し訳なく思っています。

かなり強いエネルギーでしたが、ただ、さすがに良くも悪くも「能の面」だけが浮かび上がるというのは初めてで、

驚いてしまって、正直ちょっと怖くなってしまい、足早に神社を後にしてしまいた。




呼ばれたからには何かメッセージがあたのかもしれません。

神様、すみません。 (*-*)



また次回あらためて伺わせていただきます。


その時にはまた皆さんにもご報告いたしますね。





みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)

伏見稲荷大社

新緑の京都を旅してきました。

・・・・と言っても・・・お礼参りかな。



最近、お稲荷様のパワーが強くて

あれよあれよと色んなことが起き


経済的に助かることなんで悪いことではないのですが(笑)



さすがにお稲荷様の総本宮、京都の伏見稲荷にお礼参りしなきゃねって流れに。


で、
梅雨空の合間を見つけて京都まで行ってきました。



fusimiinari_IMG_4008.jpg


JRの「稲荷駅」の改札を出るとすぐ目の前に鳥居。びっくり。


平日なので参拝客も少ないだろうと思っていたのですが



境内は人、人、人。


神様の氣も人の気で覆われちゃって・・・・・



ゴールデンウィークとかは凄かったんだろうなって思います。



連休の時の気も残ってるのかもです。



これでは神様もお辛いだろうってことで


お礼もかねて、境内の氣のお掃除をしてきました。




氣が一番滞っていたのが、千本鳥居の場所。

私自身も息ができないくらい。





伏見稲荷の御神体は稲荷山全体です。


拝殿から続く稲荷山の山頂までかなり力入れて

(と言っても、声は小さくパワーは強くです)真言を唱えてお掃除してきました。



これは、伏見稲荷大社のホームページに掲載されている稲荷山のマップです。

行きと帰りでぐるりと一周できるようになっています。


trip_map.jpg


途中からまわりの神様たちも手伝ってくださっているのか


真言を唱えるたびに上空の風が渦を巻き

周りの木々も青々とした枝を揺らしながら大きく渦を巻きます。


稲荷山を登るのは大変でしたが、リアルにお掃除してるーって感じられると気持ちいいものですよね。




稲荷山の神様を感じることができたのは、中腹あたりからでしたよ。


古代の服装をされた女性の姿をされていました。




ちょっと厳しそうな感じでしたが、とても頭のよさそうなお顔立ち


なるほど、会社の経営や経済などに的確なアドバイスやお力添えをいただけそうな神様でしたよ。



ちなみに、よくお稲荷様というと狐をイメージされる方が多いと思いますが、

狐はお稲荷様のお使いをされる眷属です。

お手伝いはして下さいますが、お稲荷様ご本人ではありません。




神様がいらっしゃる場所に行くことで、その場所の神様とご縁が結ばれます。

伏見稲荷の神様とご縁を結ぶためには、頑張って山頂の奥の院まで行かれることをお勧めします。



よかったら皆さんも参拝されてくださいね。



プロフィール

YUMI

Author:YUMI
熊本を拠点に活動している
スピリチュアルカウンセラー

logo.gif
スピリチュアルカウンセラーYUMIオフィシャルHPは
こちらから


img094.gif 詳しい自己紹介はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者数