FC2ブログ

発達障害は人類の進化の現れ!?

PC080938.jpg




お子さんが発達障害だと言われたとか

ご自身が発達障害で苦しんでいるなどのご相談が増えています。



発達障害って表現されますが、でも私は「障害」というよりも人間が進化してきてるんじゃないかなって思っています。



天才と言われていた人達ってほとんど、今言われてるような発達障害を持ってる人ばかりです。



最近では、発達障害がある人は天才的な才能を秘めている可能性がある人かもって言われ始めてるんですよ。




ただ、まだ一般的には「障害」としてのマイナス面ばかりが目立っちゃってますよね。





数日前テレビで、発達障害の方が京都の絞り染めの仕事に出会い、そこで天才的な才能を見出されたというドキュメンタリー番組があってました。


コミュニケーションや複雑なことが苦手で、今までに何度も転職を繰り返し、苦しんでいらっしゃったのが、今は楽しそうに黙々と生地を絞っている姿が映し出されていました。


普通の人はそこまで同じことを集中して出来ないそうです。


普通の人とは違う彼の特別な才能が、まるで凸と凹のようにぴったりはまり込んだんでしょうね。


後継者がいなかった絞りの世界にとって、彼は救世主だと言われていました。






誰にでも出来ることや


みんなが考えること


普通のことって


これから先はコンピュータやロボットが肩代わりしちゃうんじゃないかしら。




これからの未来に本当に必要なのは




みんなと同じ発想ができない


みんなと違う動きをする


めちゃくちゃ独創的な個性を持った


そんな発達障害と言われてる人達じゃないかしら。





世の中に発達障害と言われる人達が増えだしてきたのは


人類が天才的な進化の方向に向かって変わりだしているからかもって、私は思ってます。




だからこそ


発達障害を一つの個性として捉え


出来ないことに注目するのではなく


出来ることを探して

その中から自分だけの「特別」を見つけ、そこを生かしていくことが大切なんじゃないかなって思っています。



そのためには失敗を恐れずに、色んなことにチャレンジして体験することも、自分の中の「特別」を探す方法の一つかもしれませんね。






みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)
スポンサーサイト

みんな全てが見えないから誤解することもあるんです。

P9190402-2.jpg


今でも時間を見つけては色んな場所を巡っています。


で、色んな神様とお話をしています。



古事記などに登場する神様は、けっこう人間に近い姿のまま残っていらっしゃいます。


で、考え方や思考が神様として祀られるようになっても、まだまだ人間に近い方って多いです。




そんな中
時々、記紀に伝わっている内容と実際のご本人(?)のおっしゃることが違ってることがあります。



中にはずっと長い間みんなに誤解されたままで、落ち込んじゃってる神様もいらっしゃいました。



神様が落ち込んじゃってると、世の中の生きてる人間にまで影響が出ちゃいます。



で、どうするかっていうと、


まずは神様の言い分を聞いてあげて「そうか。そうだったんだね。辛かったね。」って言ってあげます。



・・・・て言うと、「神様に対してタメ口!?なんて不謹慎な!!」って怒る人もいますが、落ち込んでる神様に敬語では気持ちが伝わんないんです。

でまた、人間と違って格の高い神様は自分を馬鹿にしてるなんて怒られることはまずありません。

でも、まだ人間と神様の境目のような神様の中には、プライドの高い神様もいらっしゃいますので、そんな時には気をつかって敬語でお話させていただいてます。

ですからどんな神様か分かんないときは敬語で話しかけたほうがたしかに無難です(笑)




・・・・と脱線しましたが

その上で、「誰にも分ってもらえないのに、神様としてよくいままで頑張って来られましたね。」

「ありがとうございます」って感謝の言葉をお伝えいたします。




歴史ってけっこうその時代の権力者の都合で伝わっていたりしますよね。


でも、一人でも分かってくれる人がいるっていうだけでも喜ばれます。神様でもね。





どんな人でもそれぞれの立場や都合や考え方があります。

本当の意味で100%分かりあえることは出来ないかもしれませんが

過去に意地悪されたとしても、裏切られたとしても、


もしかしたら

相手の弱さだったり、自分自身の誤解から解釈を間違えていたのかもしれませんね。




神様でさえ誤解を受けたままでは苦しまれます。





亡くなると、みんな自分の今までの行いを

広い視野から、相手の立場に立ってすべて見ることになります。

その時初めて「そうだったんだー」とか気づく人多いです。

で、誤解されたまま相手を苦しめてたり、怨まれたりしてたら、それがまた苦しみを生みますよね。




だから

人間として生きているあいだは気づいていなくても

生きている時に

「そうか、きっと何かわけがあったんだろうね」って許してあげることができたら

相手も救われるし、自分自身も後悔しなくて済むかもしれませんね。




みんな生きてる時は全てが見えないんです。


見えないけれども「許すことができる」

見えないけれども「信じることができる」


これが修行なのかもしれませんね。





みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)

身体を温める食べ物

P7125969-2.jpg


最近、「胃腸の調子が悪いんです」って言われる方多いです。


仕事の疲れやストレスがたまるとお腹の具合が悪くなっちゃいますよね。




でも、霊視でを身体をスキャンさせていただくと


お腹のあたりだけが黒ーく視えたり、そこだけ冷たい霊気を感じちゃったりします。



かなり内臓が冷えてる人多いです。




この季節、急に気温が下がってきて身体がついていけてないんでしょうね。




対策としては、ホッカイロなどでダイレクトに外から胃腸をあっためるのもいいけど


身体を温める「陽性の食べ物」を取るように心がけるのもいいかもですよ。




赤やオレンジなどの暖色系の食べ物に身体をあっためる「陽性の食べ物」が多いです。


反対に、白や青、緑などの寒色系の食べ物は「陰性の食べ物」多いみたいですよ。




また、黒砂糖や黒豆など、黒っぽいものも温める食べ物みたいですよ。


「身体を温める食べ物」ってネットで検索してみたらたくさん書いてありますので参考にしたらいいですね。





でも本当はそんなにいちいち考えて食材を選ばなくても


暑い地域で採れる食べ物は身体を冷やす作用があって

寒い地域で取れる食べ物は身体を温める作用があるんですって。



神様はちゃんとバランスよく考えてくれてるんですよね。



で、ふつうに冬に収穫する食べ物は「身体を温める食べ物」で

暑い夏に収穫する食べ物は「身体を冷やす食べ物」みたいですよ。





ハウス栽培などで、今は一年中いつでも変わらずスーパーで何でも買えるのはいいけど


季節の旬も分かんなくなっちゃって、それが身体のバランスも崩しちゃってるみたいですね。





色んな健康法がありますが

自然に逆らわないが一番の健康法ですね。





みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)

スピリチュアルな能力を磨くためには

P5105807-2.jpg


2011年の震災の数年前。


「これから世界中で様々な天変地異が起こり始める。

そしてそのために、多くの人々が様々な困難や苦労を経験するかもしれない。

しかし、それに拠って目覚める人々も次々と現れてくる。」


そんなメッセージを受けていました。



たしかにご相談を受けていても、スピリチュアルな意識が高い方が増えていますし


霊的な能力に目覚め始める人も増えだしています。



その霊的な能力で人々の役に立ちたいと、そういう願いをお持ちの方も実際増えています。




今回はそんな目覚め始めた方々のお役に立てればという思いで記事を書きました。





霊視で受け取る情報って、言葉でも映像でもありません。

例えると、情報の詰まったエネルギーの塊のようなものです。



霊能者って、その情報のエネルギーを受け取る受信機という感じです。



映像で見える方や、言葉で聞こえる方もいらっしゃいますが

あくまでも映像や言葉は、その受け取った情報の一部だと思いますよ。



ラジオは音を、テレビは音と映像を受信することが出来ますよね。

そんな風に、その人の受信状態で違いが出るのじゃないかなって思います。






では、より多くの情報を受け取るためにはどうしたら良いか。


そのためには自分自身をからっぽにすることです。

自分自身という箱が空っぽであればあるほど入ってきますよ。



頭をからっぽにするのは、日々の瞑想が一番ですよね。




できれば毎日、決まった時間に瞑想する習慣をつけたほうが良いのですが


ちょっとした空き時間に瞑想することもできます。




周りを気にせず、リラックスしてボーっと出来る場所って意外と身近にあります。


それは「トイレ」(笑)


トイレでメッセージを受け取る人も多いんですよ(笑)



できれば次回からトイレを使う時は、だーっと力を抜いて、極力ボーっとすることを心掛けてくださいね。

良い瞑想の修行になりますよ(笑)


仕事のことや、次何をするかなんて絶対考えちゃダメですよ。





メッセージの受信には、頭をからっぽにすることが必要・・・・ってなると


「だったら霊能力者はなんにも勉強する必要ないじゃん。

天然のままでいいよね。」


・・・・っておっしゃる方がいらっしゃいますが、それは違います。



ただただ受け取ったメッセージを、そのままダイレクトに直球で相手に伝えるととんでもないことになります。



受け取ったメッセージは、あくまでも情報の詰まったエネルギーの塊なんです。

そのままでは、自分自身にすら「何となく”もやもやしたもの”」でしかありません。



言葉や映像に変換しているのは自分自身の「脳」なんです。

だから、自分自身の偏った考え方や思いこみで変換されると、かえって間違って翻訳しちゃいます。


すると、相手も自分自身も傷つけちゃいます。




偏った「変換」をしないためには、幅広い知識や考え方を身につけることも大切です。

本を読んだり、話を聞いたり・・・様々な学びが必要ですよね。


自分自身の精神性を高めることが何よりも重要になります。




メッセージを受け取る能力と精神性は別物ですものね。

やっぱり学ぶしかありませんよね。




自分自身の精神性を高める・・・・っていうと大変そうですが

楽しみながら、無理しないで今の自分に出来るところからでOKだと思いますよ。




私もまだまだ学びの途中ですが

来世もその先もあるしで、ゆっくりスローペースで楽しみながらやってます。



好きなことだったら楽しいですしね。






みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)

「子どもは褒めて伸ばしましょう」で大丈夫?

P9054548.jpg


「子どもは褒めて伸ばしましょう」ってよく本とかにも書いてありますよね。


昔は「忍耐」「努力」の根性論でしたが


今はスポーツの世界でも、褒めてモチベーションを上げることが成績アップにつながってるみたいですよね。




みんな分かっています。


「分かってるんです。そう思って、叱らないように、感情的になって怒らないように頑張ってるんです。」

・・・・・でも

「黙ってると、勉強もしないし、ゲームばっかりやってるんです」


・・・・・っておっしゃるお母さん多いです。




褒めることは大切ですが


どんなに「褒めて育てましょう」と言っても、全く叱らない、助言しないは間違っていますよね。




大人も子供も、やっぱり楽て楽しい方が好きです。

しなくていい努力はしたくないもの。


でも
いいよ、いいよ、では甘やかしになってしまいますものね。



褒めることは大事ですが、褒めるだけでは片手落ちになってしまいます。


時にはちゃんと厳しい言葉も必要です。




要はその厳しい言葉のかけ方です。






お母さんからしたら、子供がちゃんと出来ていることは「あたりまえ」で

どうしても「できていないこと」に目がいっちゃいますよね。


で、「できていないこと」を克服してほしいって思ってつい叱っちゃいます。




でも、子どもも本当は、ちゃんとやらなければいけないことは分かってるんです。


分かってるからこそ、叱られてばかりだと逆切れしちゃうんです。


「今からやろうとしてたのに!お母さんがそう言うからやりたくなくなったじゃない!!」なんてね。



霊視でもそうです。

その人の本心をまっすぐ指摘すると激怒されます(笑)


だから

逆切れする子ほど「やらなければ」って心から思ってる子供なんですよ。



真っ直ぐ指摘するから逆切れしちゃうんです(笑)




「できていないこと」は、その子にとっては今は飛べないハードル。

やっぱりちょっとした努力が必要です。

でも、飛べないハードルを飛べたら、子供も本当は嬉しいんです。



だから、子供が「今は飛べないハードル」を自分から「飛ぼう!」と思ってくれたらラキーですよね。


そのために必要なのが「褒めること」なんです。



今その子が出来ていることを「当たり前」だとスルーしないで、ちゃんと見て褒めてあげるんです。

そして、ほんの少しでも出来たら「一緒に喜んで、褒めてあげるんです」


ゲームをクリアーする快感よりも、お母さんに褒められる快感の方が100倍大きいですよ。


で、褒めた後、「次これがクリアーできたらいいね」って助言することです。



昔から言われてる「アメとムチ」方式です。


ムチがないとなかなか人って甘えが優先して成長できないんです。

でも、だからといってムチだけだと逃げたくなりますよね。


だからその前にアメである「褒めること」が必要なんです。





このやり方は、子供の教育だけでなく

職場の部下の教育や、ご主人とのコミュニケーションにも使えますよ。


みんな、おもいっきり褒めて伸ばしてあげましょうね。




みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)
プロフィール

YUMI

Author:YUMI
熊本を拠点に活動している
スピリチュアルカウンセラー

logo.gif
スピリチュアルカウンセラーYUMIオフィシャルHPは
こちらから


img094.gif 詳しい自己紹介はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者数