FC2ブログ

「胎蔵界曼荼羅」

以前阿蘇の小国で放浪詩人の須永博士さんという方にお会いしたことがあります。

心に残るやさしいメッセージを伝えられる方で、偶然出会った私達にもいろんなお話をしてくださいました。

須永さんのHPはこちらになります。
http://www.sunaga-hiroshi.com


その須永さんが別れ際に「本物に会いなさい」と言われました。

手間や時間を惜しまず、「本物に会いなさい。」「本物を見なさい。」

「本物」に会うという経験は理屈ではなく、「本物」ならではの何かが必ず受け取れる。

そう強く言われました。



そこで今回、本物に会うために、東京国立博物館へ行ってまいりました。

9月25日まで「空海と密教美術展」が開催されています。

私の師は弘法大師(空海)とは深い縁がありましたので、亡くなった師と一緒に見学するつもりで行って来ました。


教科書や本で知識はあったものの、やはり伝わるエネルギーは半端ではありませんでした。


中でも、弘法大師(空海)が唐より持ち帰った正統な技法の「曼荼羅」。

弘法大師は真理は万物の中にある。それは言葉では伝えることが出来ない。

しかし、曼荼羅という表現でのみ唯一あらわすことが出来ると考えいました。


「曼荼羅」は本などで何回も見たことはありましたが、やはり本物は違いました。

まずはその大きさにも圧倒されましたが、なによりもそのパワーの秘密に驚かされました。


今回展示してあったのは「胎蔵界曼荼羅」でした。

曼荼羅はもうひとつの「金剛界曼荼羅」と二つで完成されています。


その一つ「胎蔵界曼荼羅」は、八枚の花弁に座る仏の中心に大日如来が位置し

その周りを数々の仏様が囲むという構造になっています。


「胎蔵界曼荼羅」は自分自身の中に全の仏が存在しているということを現しています。

しかし、そのことは頭で理解するのは簡単ですが、なかなかその域に達するのは難しいものです。


その「胎蔵界曼荼羅」の前に立ち、暫く眺めておりました。

すると「曼荼羅」なかに一部三角のピラミッドのような図形が突然浮かび上がりだしました。

そこだけが異常に鮮やかに目に映りだします。

次第に額の中央が熱くなり、するとそのピラミッドの部分から光が放たれて私の額に一直線に放射されました。


かなり衝撃的でした。


私は出来るだけこのような話は控えるように考えておりますが、弘法大師の意図はこの「曼荼羅」によって数多くの人々が真理に気づくための強力な道具になればという思いで、創ったのかもしれないという気持ちになり、これは伝えるべきだと判断してブログにアップいたしました。


東京近郊にお住まいの方は機会があれば一度見に行かれてはいかがですか。

「曼荼羅」の前に立っても、何も感じないのが普通です。

しかし、弘法大師の思いを受け取るつもりで、静かにたたずんでください。

必ず見えない何かを受け取ることが出来るはずです。

弘法大師の意図はそこにあると思います。


しかし、私の知り合いはほとんどが熊本に住んでおりますので、物理的に無理です。

そこで映像だけでもお送りしようと思います。(微力ながら私の思いを載せて)








これがその「胎蔵界曼荼羅」です。

胎蔵曼荼羅
ウキペディアより



出会いと気づきに感謝
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

いつもブログ楽しみに見ています。

今日(9日)他のブログでも密教の曼荼羅、金剛界と胎蔵界が紹介されていて、2元性の統合と書かれていました。
曼荼羅、機会があれば本物見てみたいです。

朝顔さんへ

v-22コメントありがとうございます。
曼陀羅や仏像などは美術品として注目される方が多いのですが、ただ単なる美術品とは明らかに違います。そこには見る人触れる人の幸せを願う強い「念」が込められているのを感じます。是非一度見られてください。私も機会があればもう一つの「金剛界曼陀羅」にもお会いしたいと思っています。
プロフィール

YUMI

Author:YUMI
熊本を拠点に活動している
スピリチュアルカウンセラー

logo.gif
スピリチュアルカウンセラーYUMIオフィシャルHPは
こちらから


img094.gif 詳しい自己紹介はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者数