FC2ブログ

インド旅行記 タージ・マハル

インドでまず最初に訪れたのがアーグラーにあるタージー・マハル





DSCN0219_convert_20130302102621.jpg



 インドの白い宝石


その美しさは ただただ圧倒です



この季節には珍しく雨のタージ・マハルでしたが それはそれで、幻想的な世界を醸し出していました







タージ・マハルは、マハル(宮殿)と呼ばれていますが

ここは、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、熱愛した妃ムムターズ・マハルのために造ったお墓です



妃が亡くなったのは、1631年

その死を悲しんだシャー・ジャハーンは妃への愛を込めてこのタージ・マハルを建設しました

世界各地から貴石と職人が集められ、天文学的な費用を費やして、22年後の1653年に完成します





その後シャー・ジャハーンは、タージ・マハルの背後を流れるヤムナー川の対岸に、黒大理石で自分の墓を建てる計画をしていました


しかし、さすがにこのままでは国が潰れてしまうと考えた息子が強硬手段に出たのでしょう

結局は自分の息子に幽閉されることとなり、実行することは出来ませんでした



ここアーグラー城がシャー・ジャハーンの幽閉された城です

DSCN0239_convert_20130302102748.jpg



幽閉と言っても城から出ることは出来ないだけで、城内は自由に行動できたみたいです

その上、幽閉されたアグラー城からはヤムナー川を挟んでタージ・マハルが望めます



DSCN0236_convert_20130302102654.jpg



国のためにやむなく父親に対して反乱を起こした息子の心情が感じられますよね



その後、シャー・ハーンはタージ・マハル内の妃の墓の横に埋葬されます






タージ・マハル・・・ なんとも 世界最大級の愛の表現ですね




感謝






スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUMI

Author:YUMI
熊本を拠点に活動している
スピリチュアルカウンセラー

logo.gif
スピリチュアルカウンセラーYUMIオフィシャルHPは
こちらから


img094.gif 詳しい自己紹介はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者数