東日本超巨大地震

目を覆うばかりの惨事に言葉を失くしてしまいます。

亡くなられた方々にせめてものご冥福をお祈り申し上げます。


今回起きた地震は神様が人類に罰を与えたものではありません。

地球の自然の営みにすぎません。

確かに巨大な地震ではありましたが、被害の多くは人間が自然の力をあまくみた結果です。


自然との共生を考えない無理な開発。干拓。原発。

しかし、今はそのことの是非を問う時ではありません。

ただただ出来るだけ被害が拡大しないよう願うだけです。

今回幸いにも難を逃れた私たちは、この災害の後、いかに被災された方々の力になれるか、

そして今回をふまえてどう生きるかが試されているのだと感じます。



アフリカの奥地で暮らした経験を持つ友人が、以前申しておりました。


時々ははだしで歩いてみて。

足の裏に当たる小さな石も痛いでしょ。

草を踏んでいるのを感じるでしょ。


はだしで歩くとその痛さで、一歩一歩用心しながら歩くでしょ。


靴をはくと人は傲慢になる。

足の裏の痛さを忘れて、ずかずか歩きだす。

足の下に地球の命があることを忘れてしまう。


今回その言葉を思い出しました。


被災された方々を、同じ日本に住む家族と思い、一緒に乗り越えて行きたいと思っております。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUMI

Author:YUMI
熊本を拠点に活動している
スピリチュアルカウンセラー

logo.gif
スピリチュアルカウンセラーYUMIオフィシャルHPは
こちらから


img094.gif 詳しい自己紹介はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者数