FC2ブログ

「視える」ってどんなこと?

スピリチュアルなことが大好きなとってもピュアな友人がいます。

その友人から「視える」ってどんなこと?

一人一人「視える世界」は違うの?っていう、質問のメールがありました



考えてたら、眠れなくなっちゃった!!とのこと!


大変!!



・・・・そこで、以前書いたブログを再度ご紹介しますね(^ー^)









以前、ブログで描いた「狐の神様のたのみごと」を読まれた方からのコメントに

 狐の姿の神様が見えるのは、あなたが仏教徒だからですか。

 キリスト教ではどのように見えるのでしょうか?


という質問がありました


その質問に なるほど・・・・って思ったんでブログでお答えしちゃいます。



見えたり、聞こえたりというのは、なかなか「証明」することが出来ませんよね。


眼の見えない人に「赤い色」はこんな色ですよって伝えることがむずかしいように


でも、できるだけ頑張って書きますね。



この世の中に存在するのは、山でも、川でも、人でも、お茶碗でも、全て、エネルギーの塊です。

私たちの目に見えている「物」はそのエネルギーが「目に見える物」として形を作っています。


しかし、エネルギーは「目に見える物」だけでなく、「目に見えない物」もありますよね


たとえば、電気だったり、磁力だったり、電波だったり・・・・



神様っていうのも目に「見えないエネルギー」の塊です



たとえば、目に見えない電波もテレビで受信するとちゃんと見れますよね

ただし、テレビによっては、白黒だったり、カラーだったり、音だけしか聞こえなかったり・・・



簡単に説明するとそんな感じで、チャネラーってテレビの受信機みたいなものかな

ただし、家庭にあるテレビと違うのは、

電波(神様のエネルギー)を受信したあと、そのままブラウン管に映すのではなく

私の「脳」がその受信したエネルギーを「見える形」に変換して

そして私が「見て」いるらしいです



ですから、私の「脳」の中の知識が足らないときは「もやもやっとしたもの」に見えることもあります


実はなぜこのようなことが判明したかというと


英語がまったく苦手な私が、自分の得意技「チャネリング」があれば、英語は楽勝じゃんって考えて

英語の授業はさぼってばかり(おはずかしい・・・)

だって必要な時は外国の人を降ろせばいいし・・・・

なんて、甘い考えで


でも・・・実際、外国の方と会話で必要になった時に・・・・

相手が何を伝えたいかはなんとなくわかるのだが


単語がひとつも出てこない


「なぜーーー!?」


つい、言っちゃいそうになりました・・・

「困るじゃない」って、神様に(自分が勉強していなかったのが一番の問題だったのですけどね)


その時教わったのが

結局は何事も勉強しないとだめだってこと



自分の「脳」に情報が知識として入っていないと「形(単語)」として出せないんですって



結局、結論としては

神様がどのように見えるとか、聞こえるとかは、その人の「脳」の中の情報で決まるみたいです

あるエネルギーが、仏教が得意な人は「狐」に見えても、キリスト教の知識がある人にはまた違う形で見えるのかもしれませんね。

「見える」ということは「脳」が「見せている」のだから




また、「脳」自体が壊れている方や、思い込みでも神様(らしきもの)を「見ること?」ができます。

だから・・・「目に見えない物が見える」という能力だけで全てを信用したら、惑わされてしまうでしょうね。




基本的には形はあまり意味がないと思います。

ただほかの人に伝えるためには、説明のためにある程度「形」が必要になりますが


重要なのは形ではなく、エネルギーの存在だと思います。


そして、そのエネルギーから受け取る「メッセージ」や「気づき」ではないかしら



出来るだけプラスのエネルギーに触れたいですね。








感謝
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUMI

Author:YUMI
熊本を拠点に活動している
スピリチュアルカウンセラー

logo.gif
スピリチュアルカウンセラーYUMIオフィシャルHPは
こちらから


img094.gif 詳しい自己紹介はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者数