FC2ブログ

心のありか

P7315006 - コピー


心ってどこにあるんでしょう。




心は普段はなかなか見えません。


何処にあるのか分かりませんよね。






でも、時々心はハッキリ姿を見せてくれます。




それは私たちの感情が大きく膨らんだときです。




怒ったり、喜んだり、悲しんだり。

私たちのココロには様々な感情が浮かび上がります。




普段はひっそり隠れている心が、渦を巻くかのようにブワーっと大きく感情となって現れます。





感情の場所は脳ではありません。


身体全体でもありません。




チョット探してみてください。



身体の中で何処かに「あっ、今ここにある!」って感じる所がありませんか?







様々な感情の種類で場所は変わります。



私の場合は、怒りの時は喉のあたり、


喜びの時は胸の上の方。


悲しみの時はグーと下の方。





喜びの感情は前回の様に大きくして思いっきり浸っちゃいますが


怒りや悲しみの感情はちょっぴり抑えたいですよね。






腹が立って、腹が立って、ムカムカしたとき。

そんな時には

先ずその怒りの感情が何処にあるかを見つけます。




だいたい身体の上の方に見つかると思いますよ。




見つけたらゆっくり深呼吸をします。

この時、吸う息の倍の長さで息を吐くのがコツですよ。




そしてその怒りの感情をゆっくり下の方に下ろしていきます。

イメージでいいんですよ。

足の先まで下ろす感じでイメージするんです。



無理に下ろせなくていいんです。

それでも意識的にイメージしよって頑張ればOK



心の場所を下に降ろすことで、気持ちが少し落ち着きますよ。



怒りが湧いてきたときに厄介なのが

怒りに任せて気持ちを相手にぶつけたいーーー!ってなっちゃうこと。



でも、大体怒りに任せて文句を言っても相手に通じないどころか、マイナスになることが多いですよね。

それは、感情が先走っちゃうから。



そんな時は、足の先から声を出す感じで話してみてください。

意外と、感情の高ぶりを抑えて話すことが出来ますよ。

ちょっとしたテクニックです。





悲しみの時も同じ様に、感情が存在する場所を探してみて下さい。

多分下の方に見つかるんじゃないかな。




悲しみの時も同じ様に先ずは深呼吸です。

でも、怒りの時の反対に、悲しみの時は吸う息が2、吐く息が1という感じの深呼吸です。





そして感情の場所を上に上げるイメージ。

話す言葉も頭の上から。イメージでね。


ちょっぴり心が元気になります。








感情は魂の表現です。



感情を見つけることは魂を見つめることにもなります。



喜び、感動以外にも、悲しみや怒りも正直な魂の表現です。




強い感情がわき起こった時は、ただその感情に流されるのではなく、その感情を見つめてみるのも良いですよ。





今日も読んでいただいて、ありがとうございます。






もしお手間でなければ、下のリンゴのバナーのクリックをお願いいたします
ランキングが上がれば沢山の人々に読んでいただけるそうです
応援よろしくお願いいたします




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUMI

Author:YUMI
熊本を拠点に活動している
スピリチュアルカウンセラー

logo.gif
スピリチュアルカウンセラーYUMIオフィシャルHPは
こちらから


img094.gif 詳しい自己紹介はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者数