「寂しい気持ち」について

P7032811-2.jpg


「とても恵まれていて幸せなはずなのに、時々無償に寂しくなることがあるんです。」

今リアルに大変な人にとっては、とても贅沢な悩みに聞こえるかもしれませんが、意外と多いんです。


このような悩みを相談するのは申し訳ないと思われている方も多いみたいです。

そんなことないですよ。


で、今回は「寂しい気持ち」について書きますね。





人間は「社会的な生きもの」だと言われています。

人間って、他の生き物と比べたらとっても弱い存在ですよね。

自然の中にたった一人でポンと放り出されたら、多分生きて行くのは難しいですよね。


そんな弱い人間だからこそ、集団で協力して生きていくという方法を身に付けて、これまで生き延びてきたのでしょうね。


だから、どんなに一人で生きて行くことが出来る条件が揃っていても

「誰かとつながりたい」「一人ぼっちは寂しい」と思うように、本能として心の中に組み込まれています。


孤立するってことがすごい恐怖として、本能的にインプットされているんです。




「私は弱い性格なんです」「一人では寂しくて仕方ないんです」・・・・当たり前です。

弱いんじゃなくて、本能がそう思わせているんです。




でも、本能だからってあきらめきれませんよね。だって苦しいですものね。

ではどうしたら良いか。





まず一番最初にすることは

「寂しい」という感情は、弱さではなく本能の働きだと知ること」です。


自分が間違っていると思うと「自分を変えなければいけない」という思いが強くなります。

でも、「寂しい」という思いは変えることが出来ません。

無理です。なぜなら、食べ物を食べないとお腹がすくのと同じように本能だから。


変えることが出来ないものを変えようとすることも、苦しみの原因の一つなんです。



本能だから、実はみんな「寂しがり屋」なんだ、みんな自分と同じなんだ、ということを知ることです。

「寂しがり屋」の自分を無理に変えようとしないことです。


自分をありのままに受け入れて

「このままで良い」 「これが普通だ」 って自分を認めてあげる

それは自分を許してあげることです。




実際は、お一人お一人寂しさの度合いも内容も違います。だから具体な答えはお一人お一人違います。

でも、根底には自分を認めていらっしゃらないというのが大きいかなって感じます。

「寂しがり屋」の自分を、そのまま認めてあげるとずいぶんと楽になりますよ。





「でも、そうかもしれないけど、私は他の人に比べて寂しい気持ちが強いんです!」

「だから苦しいんです。」

「本能だから我慢しろっていわれるのですか!」



・・・・・そっか。



でもそういう場合は

実は、苦しみの原因は、寂しがり屋というよりも、

本当は人と交わりたいのに、怖くて行動が起こせないというのが一番の問題かもしれませんね。


次回はそのための方法を書きますね。




今日も読んでいただいて、ありがとうございます。






もしお手間でなければ、下のリンゴのバナーのクリックをお願いいたします
ランキングが上がれば沢山の人々に読んでいただけるそうです
応援よろしくお願いいたします




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUMI

Author:YUMI
熊本を拠点に活動している
スピリチュアルカウンセラー

logo.gif
スピリチュアルカウンセラーYUMIオフィシャルHPは
こちらから


img094.gif 詳しい自己紹介はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者数