FC2ブログ

お盆について

P7022645.jpg



お盆の時期にはちゃんとお墓参りとかしなくてはいけないの?

ちゃんとやらないと罰があたったりするのかしら?


って、そんなご質問がありました。






お盆って

ご先祖様の魂が帰って来られるということで、お迎えするために迎え火を焚いたり、御供え物をしたりしてお迎えする。

・・・・・・・というのが一般的ですが


お盆の行事の形は地域で様々ですよね。

だから、どのやり方が正しいとか、こうするべきだというのは決められませんよね。



またお墓参りも遠くにお墓があったりすると、なかなか簡単にお参りできなかったりしますよね。






ということでお盆の時期といこともあり、私なりの考えを記事にしますね。





お盆って、仏教では正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」っていいます。


「盂蘭盆会」の由来は「盂蘭盆経」ってお経に書かれています。




お釈迦様の弟子に目連さんという方がいらっしゃったそうです。

で、その目連さんにはすごい神通力があったんですって。


ある日目連さんは、亡くなった自分の母親が地獄で苦しんでいる姿を神通力で見てしまい、

母親を地獄から助け出すにはどうしたら良いのか、お釈迦様に尋ねられたそうです。


するとお釈迦様は、貧しい者や僧侶に施しをすると母親は助かると答えられたそうです。

そこで、目連さんがさっそく言われたように施しをすると、母親は地獄の苦しみから救われた。というお話です。





生きている私たちが良い行いをして徳を積むと、その徳が亡くなったご先祖様にも届きますよということなんです。


これが一番の供養みたいですね。






なぜ旧暦の7月15日だったのかというと、


お釈迦様の時代は僧侶って自分の物って何も持っていないし、食べ物も他の人からいただいたものだけ。

昔は僧侶に食べ物を捧げるのが一番の施しになったんです。

だから目連さんも、お母さんを救うための一番の供養として僧侶に施しをされたんです。



その時代、僧侶は雨季(約3か月くらい)の時期は、外出を避けて修行に専念していました。

そのため、雨季が明け、修行を終えたあとの僧侶はとても清らかになっています。

目連さんはその一番清らかな状態の僧侶に施しをされたのだそうです。

その時期が旧暦の7月15日なのだそうです。


だから旧暦の7月15日がお盆になったみたいですよ。




だから、必ず決まった時期に行わないといけないのかというと、そうでもないですよ。


今のお盆の時期も、8月15日のところもあれば7月15日だったり、地域によって違いますものね。

これは明治になって旧暦から新暦に変わったとき、地域によってばらばらになったからみたいです。





お盆に行うご先祖様への供養って、

本来は貧しい人に施しをしたり、善い行いをして、その徳をご先祖様に捧げるってことだったんじゃないかなって思います。


それはお盆の時期だけに限らず、いつでも心がけていていいことじゃないかな。

ただ、やっぱり人間ってこういう行事がないと忘れちゃいますよね。


しきたりなどに縛られる必要はありませんが、自分なりのお盆の時期の過ごし方を考えてみてくださいね。






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。






もしお手間でなければ、下のリンゴのバナーのクリックをお願いいたします
ランキングが上がれば沢山の人々に読んでいただけるそうです
応援よろしくお願いいたします




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

予約について

ユミさん
私は、ガラケーなんですが、予約の画面になりません。必要事項を入力して、確認画面を押すと現在受け付けていませんとでます。
予約もお問い合わせも何もできず、やっぱりガラケーじゃだめ何でしょうか。それとも、新規は、予約を取ってないのですか。よろしくお願い致します。

私は昔から実家のお墓に行くのが苦手です。もう何年も行ってません。行った方が良いと思いつつ…。
今年のお盆も行きませんでした。その代わりと言ってはなんですが、仏壇に手を合わせたり心の中で挨拶します。
それでも良いんでしょうか?今年お盆前におばあちゃんかおばさんらしき女性を夢にみました。お墓参りに来なさいってことなのかな?っと思っていましたが、ユミさんの話では違うのかな?と思いコメントさせていただきました。
いつも良いお話をありがとうございます。

ようこさんへ

コメントありがとうございます。

ご先祖様はお墓にだけいらっしゃるのではなく、会いたいと願えばすぐそばに来られます。
お墓に行けなければ会えない、気持ちが通じないということはありませんよ。

夢に出てこられたのなら、向こうが会いたいと思われて会いに来られたのかもしれません。
いつも護っていますよ。大丈夫ですよ。って伝えたかったのかもしれませんね。
無理にお墓参りに行く必要はありませんが、ちゃんと感謝の気持ちを込めて手を合わせてくださいね。
プロフィール

YUMI

Author:YUMI
熊本を拠点に活動している
スピリチュアルカウンセラー

logo.gif
スピリチュアルカウンセラーYUMIオフィシャルHPは
こちらから


img094.gif 詳しい自己紹介はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者数