FC2ブログ

アルコール依存症

P4111051-2.jpg

最近ネットやテレビでTOKIOの山口さんのニュースが流れていますよね。

多分彼はアルコール依存症なのでしょう。



私自身、身内のアルコール依存症を経験しています。


アルコール依存症という病気に振り回されて、長い間苦しんだという経験もしています。


しかし、今現在はその病気も改善しています。



だからこそ伝えるべきかなって思って記事にしました。




アルコール依存症になる人は、お酒におぼれるなんて性格が弱すぎる

とか、

しっかりしてたら、そんなことにはならないとか言われます。



でも違うんです。



お酒を飲んでない時は、人一倍責任感もあるし、人間的にも良い人が多いんです。

だからこそ周りも、「お酒を飲まないときはいい人だしね」ってかばっちゃいます。



ただ、ひとたびお酒が入ると全く人格が変わります。

良い人だったのが、非常識な行動をしたり、人に迷惑をかけたりします。


でも
それがその人の本心なんだって思わないでください。

脳がおかしくなるんです。

アルコール依存症になったら、常識的なちゃんとした判断ができなくなるんです。


アルコール依存症もガンや心臓病と同じように、脳の病気なんです。




他の病気と違う所は、本人に自覚症状がないこと。



脳の病気だから、お酒を飲んで自分がおかしくなっていることに気が付かないんです。


飲んでいる時の行動は、人から聞かされても本人にはまったく実感が伴わないんです。



アルコール依存症の治療はお酒を飲まないことにつきます。



他の病気だったら、自分自身が痛かったり苦しかったりしますから、治そうと努力します。


アルコール依存症の治療の難しいところは、本人に自覚症状がないところです。

飲んでいる時のことは覚えていないし、飲んでいないときは正常に判断できるからです。

ほとんどの人は自分が依存症だとは思っていません。



自覚症状として出るのは、肝臓が悪くなったりした時です。

しかし、それもただの飲み過ぎだと思っています。


でも必ずその以前に、周りの人は気が付いているはずです。

アルコール依存症じゃないかって。おかしいって。




アルコール依存症の治療の第一歩は

本人に自覚させることです。



お酒を飲んでいる時は何を言ってもムダですから

素面の時に話をする。




自分がアルコール依存症だという「病気」自体の自覚は難しいかもしれませんが

「どうも自覚はないが、お酒を飲んだ時にかなり非常識な行動を取っているらしい」ということを自覚させる必要はあります。


自覚させるためにも

アルコール依存症の人に対しては、本人の失敗の責任は本人にとらせる。

隠さない。かばわない。


自分自身が痛い目に遭わないと気づかないこともあるんです。


時には、突き放すこともことも必要です。




「お酒の席でのことだから」とか、「しょうがない」とか

アルコール依存症の人に対しては、周りの人達が甘やかすとよけい悪くなります。



「その甘えの根源が僕らTOKIOだったとしたら、そんなTOKIOは1日も早くなくした方がいい」

テレビの記者会見で松岡君が言っていた言葉が胸に刺さりました。




お酒さえ飲まなければ、ぜったい大丈夫なんです。



彼のやったことに対して彼は責任を負うべきです。

責任は取らなければなりません。


しかし、その原因が彼の「病気」にあったということも理解して

彼が今後お酒を飲まないように、周りが見守ってあげることも重要なんじゃないかなって思います。



一度アルコール依存症になった脳はもとには戻りません。

それでも、本人がその怖さを自覚して自分からお酒を遠ざけるようになったら大丈夫です。



本人が自覚して努力する。周りは信じてサポートし続ける。


これがアルコール依存症を乗り越える基本じゃないかなって考えています。





みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ユミ先生、こんにちは(^-^)
実は、私の父もアルコール依存でして、幼少の頃というか、家族を認識しだした幼い頃にはアルコール依存の父と、癇癪を起こしてばかりの母が側に居たんです。
いわゆる家庭が崩壊しかかる様な殺伐とした世界に居ました。
ユミ先生のお話、よくわかります。聞いた話では、アルコール依存とDV はセットで有るとの話も有りますが、私の場合も同じでした。
毎日、ビクビクしながら、胃は痛く、頭も痛く精密検査すれば異常なしで、仮病だと言われましたよ。
アルコール依存の家庭で育てられた方も、沢山居られると思いますから、身体、精神を悪くされる様な方なら、早めにユミ先生にご相談されたらと思います。
長文、失礼致しましたm(._.)m

真心さんへ

コメントありがとうございます。
アルコール依存症は本人よりも周りのご家族の苦しみが大きいですよね。
ご家族のほとんどの方は酒癖とかその人の性格だからしょうがないと我慢されている方が多いように感じます。
私自身が経験しているが故に、真心さんの辛さも伝わってまいります。
身内故に手放す事も出来ない。
そんな苦しみを今現在経験していらっしゃる方もたくさんいらっしゃると思います。
アルコール依存症も改善できるんだというメッセージが少しでもどなたかの希望につながればと思い記事にしました。

No title

 初めてコメントさせていただきます。WEB上にある去年の今日の日記にアルコールを飲むと豹変する親友と決別。許すことができない暴言を吐かれ15年も傍らにいてこんな風に思っていたのかという事を切々と書いてありました。そのあとすぐに貴女様のブログにたどり着きこの記事を目にいたしました。そういう事なんですね。。彼女はここに書いてある通り責任感の塊・人の面倒もよく見る周りからは慕われてる存在 ただし酒が入っていない時に限ります。酒の席で彼女が私にぶつけてきた暴言は酒を飲んでるからこそ心に秘めてきたことなのだろうと思っていましたが病気なんですね。ただまだ彼女のことを許せない自分がいますので元に戻ることは難しい。ただこの記事で少し自分が救われた気がします
プロフィール

YUMI

Author:YUMI
熊本を拠点に活動している
スピリチュアルカウンセラー

logo.gif
スピリチュアルカウンセラーYUMIオフィシャルHPは
こちらから


img094.gif 詳しい自己紹介はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者数