ご先祖様への感謝の気持ち

P5176251.jpg


「お墓参りや法事などをちゃんとやらないとご先祖様は成仏できないのでしょうか」

時々そんな質問を受けます。


乱暴に聞こえるかもしれませんが 

お墓参りや法事をちゃんとやらなくても、ご先祖様の魂はみんな成仏されています。



基本的に仏教は、魂の悟りを得るためにはどう生きるかということに重点を置いた教えです。

死後の世界を否定しているわけではありませんが、死後の世界よりも「今をどう生きるか」が重要とされています。




しかし

私たちが今こうして生きているということは

私たちを育ててくれた両親や祖父母

それに

私たちの命をこの世につないでくれたご先祖様があってのことです。




ご相談者方々がよく「私を護っているのは誰ですか?」と質問されますが

霊視では、数限りなく大勢の御先祖様が皆さんの後ろに視えます。

一人二人ではありません。



そのたくさんの御先祖様がたった一人のあなたをずっと見守っているのです。

お一人お一人が愛のパワーを向けて。



私たちはそのたくさんの力強い愛のパワーでこの世に生かされているのです。




お葬式や法事、お墓参りをしなかったからといって、誰一人怒る人も叱る人もいません。





でも、お葬式や法事、お墓参りが必要ないと言っているのではありません。



後ろで護ってくださっている方々のパワーとよりつながるためには

後ろで護ってくださっている方々に気持ちを向ける必要があります。



気持ちを後ろ向きではなく、正面に向ける必要があるのです。



それが「感謝」であり「手をあわせる」ことなんです。




「感謝」すること自体、間違いなく魂の成長になります。


その上にもっと
ご先祖様に感謝して手をあわせることで、ご先祖様のパワーをいただけるのです。




しかし、見えない世界はなかなか現実では心から信じることは出来ません。

そのため普段は、ついつい日常の目に見えることがらに気をとられてしまいます。



だからこそ、お葬式や法事、お盆、墓参りなどの特別な行事が

あらためて御先祖様に目を向けるきっかけとなるのです。



ですから、行事が大切というよりも、自分自身がご先祖様に守られていという自覚と感謝が一番大切なんです。

それが完璧にできていれば、行事に縛られる必要はありません。



仏教で読みあげられるお経も、内容は全て生きている人のための内容です。



節目節目の行事以外に、時々ご先祖様に感謝の気持ちで手をあわせてくださいね。





みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

生きているご先祖さま

こんにちは。

確かに、いろいろな行事はきっかけになるけれど、それをやらないと云々・・というのとは私もちょっと違うなぁと思いました。

お墓参りも、お墓という目の前の形があるとお参り…心を入れやすいけれど、目の前にお墓がなくても、どれだけ離れていても、思いを馳せると思いは届いているように思います。

私の母が、亡くなっているご先祖さまにも感謝の気持ちで手を合わすことと同時に、

生きているご先祖さま=祖父、祖母を大事にね とよく言っていたのを思い出しました。

皆いずれはご先祖さまになりますが、確かに今生きている時に触れ合えるのも、今しかできないことだなぁと思います。

ご先祖さま、両親、祖父・祖母…
それぞれからもらっている愛を感じて、
感謝します(^_^)

いつもいいきっかけをブログで配信いただき、ありがとうございます(^_^)

はにすけさんへ

いつもコメントありがとうございます。
ホントに「感謝」が一番の供養ですよね。
ブログの記事も良いきっかけになれたということに感謝です。
プロフィール

YUMI

Author:YUMI
熊本を拠点に活動している
スピリチュアルカウンセラー

logo.gif
スピリチュアルカウンセラーYUMIオフィシャルHPは
こちらから


img094.gif 詳しい自己紹介はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者数