FC2ブログ

スピリチュアルな能力を磨くためには

P5105807-2.jpg


2011年の震災の数年前。


「これから世界中で様々な天変地異が起こり始める。

そしてそのために、多くの人々が様々な困難や苦労を経験するかもしれない。

しかし、それに拠って目覚める人々も次々と現れてくる。」


そんなメッセージを受けていました。



たしかにご相談を受けていても、スピリチュアルな意識が高い方が増えていますし


霊的な能力に目覚め始める人も増えだしています。



その霊的な能力で人々の役に立ちたいと、そういう願いをお持ちの方も実際増えています。




今回はそんな目覚め始めた方々のお役に立てればという思いで記事を書きました。





霊視で受け取る情報って、言葉でも映像でもありません。

例えると、情報の詰まったエネルギーの塊のようなものです。



霊能者って、その情報のエネルギーを受け取る受信機という感じです。



映像で見える方や、言葉で聞こえる方もいらっしゃいますが

あくまでも映像や言葉は、その受け取った情報の一部だと思いますよ。



ラジオは音を、テレビは音と映像を受信することが出来ますよね。

そんな風に、その人の受信状態で違いが出るのじゃないかなって思います。






では、より多くの情報を受け取るためにはどうしたら良いか。


そのためには自分自身をからっぽにすることです。

自分自身という箱が空っぽであればあるほど入ってきますよ。



頭をからっぽにするのは、日々の瞑想が一番ですよね。




できれば毎日、決まった時間に瞑想する習慣をつけたほうが良いのですが


ちょっとした空き時間に瞑想することもできます。




周りを気にせず、リラックスしてボーっと出来る場所って意外と身近にあります。


それは「トイレ」(笑)


トイレでメッセージを受け取る人も多いんですよ(笑)



できれば次回からトイレを使う時は、だーっと力を抜いて、極力ボーっとすることを心掛けてくださいね。

良い瞑想の修行になりますよ(笑)


仕事のことや、次何をするかなんて絶対考えちゃダメですよ。





メッセージの受信には、頭をからっぽにすることが必要・・・・ってなると


「だったら霊能力者はなんにも勉強する必要ないじゃん。

天然のままでいいよね。」


・・・・っておっしゃる方がいらっしゃいますが、それは違います。



ただただ受け取ったメッセージを、そのままダイレクトに直球で相手に伝えるととんでもないことになります。



受け取ったメッセージは、あくまでも情報の詰まったエネルギーの塊なんです。

そのままでは、自分自身にすら「何となく”もやもやしたもの”」でしかありません。



言葉や映像に変換しているのは自分自身の「脳」なんです。

だから、自分自身の偏った考え方や思いこみで変換されると、かえって間違って翻訳しちゃいます。


すると、相手も自分自身も傷つけちゃいます。




偏った「変換」をしないためには、幅広い知識や考え方を身につけることも大切です。

本を読んだり、話を聞いたり・・・様々な学びが必要ですよね。


自分自身の精神性を高めることが何よりも重要になります。




メッセージを受け取る能力と精神性は別物ですものね。

やっぱり学ぶしかありませんよね。




自分自身の精神性を高める・・・・っていうと大変そうですが

楽しみながら、無理しないで今の自分に出来るところからでOKだと思いますよ。




私もまだまだ学びの途中ですが

来世もその先もあるしで、ゆっくりスローペースで楽しみながらやってます。



好きなことだったら楽しいですしね。






みんなみんな幸せになりますように。

*セッションのお申し込みはこちらから






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

なるほど!
感覚的に分かる気がします。

いつもためになります。
ありがとうございます(^_^)

はにまるさんへ

こちらこそ、いつもコメントいただきありがとうございます。
皆さんのコメントが励みになっています。
プロフィール

YUMI

Author:YUMI
熊本を拠点に活動している
スピリチュアルカウンセラー

logo.gif
スピリチュアルカウンセラーYUMIオフィシャルHPは
こちらから


img094.gif 詳しい自己紹介はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者数