人生の生きがいを見つける3つのステップ

P5305047.jpg


「私の生きがいって何?」

「私の生きる目的が見つかりません」

そんな悩みを持たれる方が増えています。



経済的にも、精神的にも、そんなに差し迫った問題や悩みがあるわけでもないのに・・・


なぜか・・・・

「気力が湧いてこない」

「感情が動かない」

「何事にも関心が向かない」


それはまるで、生きるための大切なエネルギーが枯渇してしまったかのよう。



自分の人生の意味や目的が見つからないと、生きるパワーが湧いてきません。




ではどうしたら、「生きがい」や「目的」を探せるのでしょう。



で、今回は

「生きがい」や「人生の目的」を見つけるための3つのステップをお伝えしますね。




1・ 「生きがい」を社界貢献に求めない


「生きがい」や「目的」が見つからない人が陥りやすい罠があります。

それは「生きがい」や「目的」を社会貢献だと考えてしまうこと。


「自分は十分幸せなのだから、本当の幸せは人に愛を与えることだ」という考え


この考え方は「他人」からはとても素晴らしいと評価されます。

実際、素晴らしい考え方です。


しかし、気を付けなければならないのは、

「考えの主題が『誰かの役にたつ』になっている」という点です。


一番大切なのは「自分がそれを喜びと感じられるかどうか」です


素晴らしい行いでも、それが自分の「本当の喜び」につながっていないと、ただの自己犠牲になってしまいます。





2・ 他人の目線で自分の「生きがい」を探さないこと


一人ひとりが幸せだと感じることって、一人一人違いますよね。


だから一人ひとりの「本当の幸せ」も一人ひとり違っています。


しかし、

私たちは、知らず知らずのうちに自分の思いも「他人」の常識に合わせてしまってることがあります。



本に書かれていることや他人の意見を参考にするのは良いことです。

しかしあくまでも、本に書かれていることや常識は「他人」の目線です。


たしかに、「他人」の目線に合わせていれば、人から非難されることはありません。


しかし、他人の視線で物事を考える癖が付いてしまうと

自分が本当は何を求めていたのか、自分が何を幸せと感じていたのか分からなくなってしまいます。





この世に生まれてきた意味は、自分の「本当の幸せ」経験するためです。


この「本当の幸せ」を経験するために何をするかが、「人生の生きがい」であり「目的」なんです。


他人の目線ではなく、自分の目線で自分なりの「本当の幸せ」を探すことが大切です。





3・ 「本当の幸せ」を探すためには



ではどうやって自分の「本当の幸せ」を探すか・・・・ですよね。


大丈夫。

「本当の人生」の答えはちゃんと自分の中に用意されています。



見つけ出すための羅針盤は、「感情」です。


「怒り」や「悲しみ」、「喜び」「感動」

すべての「感情」が魂の言葉、メッセージです。




日々自分の「感情」に目を向けてください。

「あっ、今嫌だなって思った」とか

「あっ、心が感動してる」とか

一瞬一瞬の感情の変化を味わってください。



自分の感情に「好き」「嫌い」は無しですよ。

っていうか、「あっ、嫌だって思った・・・私が嫌だなぁ」も有りです。(笑)


とことん自分の感情に向きあってくださいね。


今まで周りの人たちの意識は気にしていても、意外と自分自身の感情には目を向けていなかったことに気が付きますよ。


これが「生きがい」を見つける第一歩です。






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。






もしお手間でなければ、下のリンゴのバナーのクリックをお願いいたします
ランキングが上がれば沢山の人々に読んでいただけるそうです
応援よろしくお願いいたします




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)

ストレスを薄める

P5304838.jpg


ストレスが原因で体調を崩したり、無気力になったり

生きている以上、様々なストレスを避けて通ることは出来ませんよね。


ストレスに上手に対応するにはどうしたら良いのでしょう。



そのためには「ストレスを失くそう」という考えを変えることです。


「考え過ぎが原因だ」

「自分の考え方がマイナスに偏っている」

「もうこれ以上考えないようにしなければ」


そう思って、ストレスの原因である自分の思いや考え方を一生懸命頭の中から追いだそうとしても

やっぱり考えてしまいます。



考えたらだめだ、考えたらダメだと思えば思うほど実は逆効果なのです。



人間、脳がある限り、自分の中に湧き上る考えを打ち消すことは出来ません。




・・・・・ではどうしたら良いの?・・・・ですよね。



その方法の一つが「ストレスを薄める」です。


頭の中がマイナスでいっぱいになっている時には

意識的にプラスの刺激になることを実行するという方法です。


プラスの刺激には、「自然の中を歩く」とか、「本を読む」とか「誰かとおしゃべりをする」とか・・・いろいろあります。




マイナスの刺激が消えることはありませんが

そうすることで

今まで頭の中でマイナスの刺激が100%を占めていたのが

積極的にプラスの行動を実行することで、80%に薄まり・・・・・


もっと実行することで50%に、30%という具合に

脳の中でストレスの占める割合が減ってゆきます。



これって、ストレスを失くすのではなく、ストレスを薄めちゃうってこと。



でも

考えたらダメ、考えたらダメと思っている時には、実はプラスの考え方も受け入れなくなっています。

だから、どんなにプラスの刺激を与えましょうって言っても、

「だって、身体が動かないんですもの」とか

「だって」「だって」って、言い訳したくなる気持ちが出てきます。


そんなものです。


でも、最初は多少頑張って無理してでも動いてみると、次第に少しづつ「楽かも」って気づきだしますよ。

ちょっとでも「楽かも」って気づきだしたらOK


人間って苦しいことは続かないけど、「楽だ」「楽しい」って思えることは、自然と続けたくなりますものね。






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。






もしお手間でなければ、下のリンゴのバナーのクリックをお願いいたします
ランキングが上がれば沢山の人々に読んでいただけるそうです
応援よろしくお願いいたします




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)

傷ついた遺伝子をリセットする

P5234717.jpg



私たちの身体は、約60兆もの細胞が集まって出来ています。

その一つ一つの細胞には、遺伝子という形で私たちの身体を作るすべての情報が入っています。

その遺伝子の情報を元に、日々新しい細胞が生産されています。



でも、遺伝子は意外とデリケートな一面もあって

偏った食事やストレスなどの刺激で情報が書き変わってしまったりします。


で、暴走してガンなどの病気を引き起こしたりしちゃいます。




でもそんな書き変わってしまった遺伝子の情報をリセット出来る方法があるんですよ。



筑波大学名誉教授の村上和雄先生の本、『生命の暗号②あなたの「思い」が遺伝子を変える』にも書かれていますが

遺伝子は、心の持ち方、気持ちのありようで、傷ついても正常な状態にリセット出来るそうです。



でも気持ちを前向きに、ポジティブにと言ってもなかなか難しいですよね。



私はダメだわ。どうしてもマイナスに考えちゃうもの・・・・

って方でも大丈夫。


誰にでも出来る簡単な方法があるんですよ。


それは

意識して、口角を上げて笑顔を作るだけ。



口角を上げるとその刺激で脳は「楽しいんだ」と勘違いするんです。

笑うことって遺伝子のリセットにはすごく効果があるんですよ。


脳の勘違いでもちゃんと効果はあります。



一日に何度も、気が付いたら口角を上げて笑顔を作る。


実行してみてくださいね。





今日も読んでいただいて、ありがとうございます。






もしお手間でなければ、下のリンゴのバナーのクリックをお願いいたします
ランキングが上がれば沢山の人々に読んでいただけるそうです
応援よろしくお願いいたします




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)

仏教について

DSCN0692.jpg

写真は4年前に訪れたインドのブッダガヤです。

仏教の最大の聖地と言われている場所で、仏陀が悟りを啓いたとされる場所です。




仏教は、キリスト教など他の宗教とは大きく違う点があります。

それは経典(教えを書かれた本)が信じられないくらい大量にあるということです。


キリストは30歳から布教を初めて、33歳では磔にされて亡くなっています。

布教の期間はわずか3年間です。


仏教の教祖であるブッダは35歳(一説では30歳)で悟りを啓き

亡くなる80歳までの45年間人々に教えを伝えています。



ブッダもキリストも自身が経典を書いたわけではありません。

話を聞いた人が口伝えで伝えたものが、その後経典として書かれ現在に至っています。


だから布教の期間が長ければ長いほど、口伝の数も多くなりますよね。



でも、経典の多さは布教の長さだけが理由ではありません。



キリスト教などの教えはどちらかというとシンプルです。

まず「神様を信じる」ことが大前提です。

聖書などにも何度も「信じなさい」という言葉が出てきます。



で、神様の教えとして、「・・・・しなさい」「・・・・してはいけません」というぐあいに

人生の教科書のような感じで書かれています。




対して仏教はシンプルには理解できません。


経典に書かれている内容にしても

こっちには「嘘をついてはいけません」と書かれているのに

別の経典では「嘘も必要です」と書かれてたりします。


えっ!?どっちを信じたらいいの・・・・ってなっちゃいますよね。



実はブッダは、話をする相手の理解力や考え方、それぞれの環境や立場に合わせて話をしているんです。

同じ悩みに対しても、答えが一人一人違います。

で、書かれた経典の量も半端なく大量になっているってわけです。




一般的に知られている「般若心経」は「空」の理論を述べるテキスト風ですが

その他「法華経」や「維摩経」などなど、仏教の経典って小説みたいな感じですよ。



読むと意外と面白いです。



何が真理って難しく考えるのじゃなくて、「・・・だよなぁ」とか「そうか」って思ったり、

「それはないな」って自由に受けとりながら読んでOKです。


それでも不思議と色んな気づきを受け取れますよ。



簡単に分かりやすく書かれている本が少ないのがネックですけどね。




ブッダは、すべての人々の苦しみの原因を探し、その苦しみを失くすためにはどうしたら良いかを悟った人です。

しかし、キリスト教のように「神を信じる」ことだけで苦しみから救われるとは説きません。


苦しみの原因は「神を信じていない」ことではなく「自分自身の間違った思い」にあると説きます。

苦しみの「原因」である自分の思いに「気づき」、苦しみを消し去る「方法」を説いたのが仏教です。



精神的な面だけではなく、現実的な問題解決のヒントが盛りだくさんです。



最近はキリスト教圏内から、仏教に興味を持ち、仏教を学ぼうとされている方が増えているみたいですね。

「信じる」だけでは現代の複雑な社会は生きていけないと感じ始めたのでしょうね。




現在の日本のお寺では、未だに漢文のまま意味の分からないお経を唱えてるばかりっていうのが多いですよね。

もったいないと思います。

それでも若い僧侶の方々の間では、本来の仏教のあり方が見直されて、教えそのものを伝えようとされ始めているみたいですよ。





今日も読んでいただいて、ありがとうございます。






もしお手間でなければ、下のリンゴのバナーのクリックをお願いいたします
ランキングが上がれば沢山の人々に読んでいただけるそうです
応援よろしくお願いいたします




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)

「愛」を呼吸する

P4124478.jpg


世の中で一番強いエネルギーが「愛」です。

「愛」は神様のエネルギー。根源のエネルギーです。


お金に困っているわけでもない、大病を患っているわけでもない。

どちらかというと幸せなはずなのに・・・・・・



空気が薄くなると息が苦しくなるように

「愛」のエネルギーが枯渇すると言いようのない苦しみが襲ってきます。




誰かを愛するとき。誰かに愛されるとき。

エネルギーは爆発的に大きくなります。


だからこそ人は「愛」を経験したくなるのです。


でも、誰かを愛している時だけしか「愛」のエネルギーを受け取れない、なんてことはありません。



前文で、


空気が薄くなると息が苦しくなるように

「愛」のエネルギーが枯渇すると言いようのない苦しみが襲ってきます。

と書きましたが


実は「愛」のエネルギーは、常に私たちの周りに存在しています。

それはそれは十分すぎるほど。


私たちの周りには、どんな人であろうと、神様の「愛」で満ち満ちているんです。


苦しいのは、ただ「愛」を受け取る、「愛」の呼吸の仕方を忘れてしまっているからです。

自分で息を止めているんです。

子供の時のように、のびやかに呼吸をすることが出来なくなっているからです。




なぜそんなことが起こるのでしょう。

それは頭で考えていることと、心の奥深くで信じていることが違うからです。




「幸せになりたい」「愛を受け取りたい」と願っているのに


心の深い場所で

「私はここが悪いからダメだ」とか「私は人から嫌われるはずだ」などなど

だから「自分が幸せになれるはずがない」「愛されるはずがない」と信じているからです。



人間はどんなに頭で分かっていても、心の奥深くの思いにはさからえません。

無意識のこの思いが「愛」を思いっきり呼吸できなくしているのです。



それは生まれつきの思い癖であったり、両親だったり

原因は様々です。


でも、まずは、このブロックを外すことが大切です。



そして心の深い場所の自分自身を見つめてください。

自分を否定している自分と向き合うんです。

(長年自分を否定してきた人にとってはちょっと辛いかもしれませんけど、頑張ってくださいね)



そしてちゃんと自分を認めてあげてくださいね。


「大丈夫。あなたは良い人よ。」

「大丈夫。頑張ってきたじゃない」

「大丈夫。私はあなたを愛してるわ」


そう自分に言って、自分自身をイメージでいいですので、優しく抱きしめてあげてください。



すると・・・・

心の深いところから少しずつ、光が差し込んでくると思いますよ。

ちょっぴりあったかくなって、楽になってくると思いますよ。



「愛」を上手に呼吸するためには

まずは自分自身を愛することが最初のスタートですよ。



コツは、焦らないでゆっくりと、何度も何度も実行することです。


長年ずっと思いこんでいた癖。今まで抱え込んできた荷物です。

少しずつ、一個ずつ降ろしていきましょうね。






今日も読んでいただいて、ありがとうございます。






もしお手間でなければ、下のリンゴのバナーのクリックをお願いいたします
ランキングが上がれば沢山の人々に読んでいただけるそうです
応援よろしくお願いいたします




みなさんからのあたたかい拍手が私のブログを続けるためのモチベーションになっています
私のモチベーションアップの為にこちらの「拍手」もポチっとクリックお願いします(^-^)
プロフィール

YUMI

Author:YUMI
熊本を拠点に活動している
スピリチュアルカウンセラー

logo.gif
スピリチュアルカウンセラーYUMIオフィシャルHPは
こちらから


img094.gif 詳しい自己紹介はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者数